睡眠薬の副作用を減らした非BZ系睡眠薬とサプリの利用

2019年11月13日
寝られない女性

不眠症となって眠れないことに苦しむ人が大勢いますが、そういう人たちの中には睡眠薬を飲みたくないという人も少なくありません。
多くの人が睡眠薬に対して持っているイメージとして副作用が恐ろしいというものがあるからです。
一昔前に中心的に用いられていたバルビツール酸系の睡眠薬はその副作用として呼吸抑制が知られていたことから、自殺にも用いられるという認識を強めることになっています。
しかし、その点が改善されたBZ系睡眠薬が中心となって利用されるようになり、重篤な副作用は軽減されました。
依存性や耐性等の問題は抱えているものの、比較的安全に使用できるものとして利用されるようになっています。
それに続いて非BZ系睡眠薬が登場したことによってBZ系が有していた筋弛緩作用や抗不安作用による副作用も軽減されるようになり、より安全性が高まっています。
しかし、非BZ系睡眠薬が登場しても一般の人が持つイメージは変わらないことも多く、医薬品の睡眠薬を使用するのは恐ろしいという人も未だに多い状況があります。
しかし、不眠症となって眠れないのは大きな負担となっていることから、そういった人たちは非BZ系睡眠薬ではなく、サプリを利用する傾向があります。
有効性が科学的に証明されてはいないものの、サプリの中には睡眠をもたらすことが口コミ等で知られているものが多数あります。
その中には普段から食事で摂取しているアミノ酸等のように安全性が高く感じられるものが多いことから、抵抗感なく使用できると感じる人が多いのです。
サプリは医療機関にかからなくても簡単に購入できるというメリットもあることから高い人気を集めており、今後の主流となる可能性すらあります。

関連記事
睡眠薬の種類と正しい服用方法

睡眠薬は、非常に多くの種類が市販化されていますが、薬の強さや特性によってバルビツール系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾシアゼピン系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬の5種類があります。バルビツール系は、1950年代から使用されている古い薬剤で、ラボナやイソミタール、フェノバールがこれに当

2019年09月06日
世界睡眠医学会について:パニック障害と睡眠薬の効能

世界睡眠医学会(WASM)は2003年に創設された国際的な学術団体です。世界各国の睡眠医学会と連係し、睡眠の大切さを啓発する活動を行なっています。毎年3月18日は、世界睡眠医学会によって「世界睡眠デー」と定められています。日本では9月3日と合わせて、年に2回の「睡眠の日」があります。睡眠不足はさまざ

2019年10月10日
様々なタイプの不眠症

一口に不眠症と言ってもその症状は様々です。適度な睡眠を取る事は毎日を快適に健康に過ごすためには食事、運動と共に大切な要素となっています。睡眠不足に陥ると、仕事や学校の授業に支障をきたしたり体調不良の原因となります。現代日本では2割の人が不眠に悩んでいます。何週間、何か月も夜寝てから何度も目が覚めてし

2019年09月22日